アフターピルの効果と服用方法

アイピルとは、数あるアフターピルの中でも最も有名な薬であり、女性側が主体的な面で避妊が出来る手段の1つとして、近年の日本でも利用者が増加傾向にあるベストヒットな薬と言っても過言では無い大人気の商品となってます。
例えば、パートナーとの性行為をしてる時に避妊に失敗した際や、コンドームを使って避妊をする様に気を付けていたつもりだったけど、膣内に射精をしてしまった等に使用される緊急用の避妊ピルの事です。
種類は沢山存在しており別名でモーニングピルとも呼ばれ、日本ではあまり馴染みの薄い名称なのですが海外では極々一般的に広く愛用されてるピルなのです。
アイピルの種類なのですが、様々なメーカーから色んな種類のピルが発売されており大きく分けて3つに分類されます。

ホルモン等の配合比率により呼び名は変わり1相性から3相性まで分かれ、それぞれの効力や特徴、飲み合わせでの相性が有りますので医師に相談して貰い自分のカラダに一番合うモノを見つけましょう。
次にアイピルは性行為後の直ぐに服用しましょう、アフターピルと言うものは飲む時間が短ければ短い程に効力が発揮され、最大で5日間以内であったとしても避妊の効果としては実力を発揮してくれるでしょう。
用途としての目的は性交後1日以内すなわち、24時間以内に飲んでおけば9割以上の非常に高確率で避妊の成功に繋がる、緊急の避妊薬となっており通常に処方されているピルとは大きく用途自体が異なるのです。
アフターピルの効果メカニズムでは女性のホルモン作用が大きく関係していて、服用のタイミングや方法によって作用の仕方が若干異なっているのですが、最終的には半強制的に受精卵の着床を阻害して避妊の成功に繋がるという訳なのです。

万が一の心強い味方とされているのですが、低用量のピルと比較し効果が強力な反面に、副作用が有り最も多いとされているのは吐き気です。
他にも頭痛や腹痛が報告されてますが、副作用はずっと付き纏ってくるものでは無くて、時間が経つ毎に症状が和らぎ3時間後位には収まると言われてます。
もしも、副作用が長引くようでしたら医師にご相談の上診察を受け自分に見合った薬を選ぶように勧めてもらうのも良いかと思います。